島村楽器 吉祥寺パルコ店 シマブロ

島村楽器 吉祥寺パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【箱入りすなば】~あなたのボードに入りたい~vol.1

こんにちは!吉祥寺パルコ店エフェクター担当の砂場です!(自己紹介はこちら)
砂場と申します!! - 島村楽器 吉祥寺パルコ店 シマブロ


今回から連載させて頂くこの「箱入りすなば~あなたのボードに入りたい~」
エフェクターボードを組みたいけど良く分からない...」や
「ボードの中を綺麗にしたい!」という方のお悩みボードちゃん達を砂場が組ませて頂き、
それをご紹介させて頂く!という企画です!!

「組んでほしいけど、砂場って人と絡みたくないな...」という方は
画像を参考にして頂くだけでも構いませんので、お気軽に読んでみて下さい!

まずはエフェクターボードのご説明を頑張ってさせて頂きます、、、

そもそもエフェクターボードを組む理由は?

ギターやベースでバンド活動をしていく中で必ず"エフェクター"を使用するという壁にぶつかります
手元だけでどうにかできる上手い人もいますが、多くの方はこの"エフェクター"を使って、
"チャラーン"という音から"ギュイーン"といった音へ変化させます。

この"エフェクター"が増えることにより「様々な音色が使える」というメリットもありますが、
当然「場所を取ってしまう」や「袋に入れて運ぶとエフェクター同士がぶつかり傷つく」というデメリットもあります!

それを防ぎ、エフェクターを効率よく運ぶためにはエフェクターボードにマジックテープなどで
固定、配線をしておくことでケースを開けば電源を入れるだけで使えるようになります

ケース選びの際に注意するべき点は

・電源や配線を考慮してサイズを決める
エフェクターケースの強度

の二つが決め手になりますが、強度が強いものほど値段が上がりますのでそこは覚悟しておいてください・・・

記念すべき第1回!!

さて、栄えある第1回の「箱入りすなば~あなたのボードに入りたい~」でご紹介するのはキイチ君のボードです!

f:id:shima_c_kichijoji:20171023114545j:plain
企画第1弾にしては結構なボリュームのエフェクターボードです!!
高校1年生でこのエフェクターボードだと来年、そして大学生になる頃にはどうなっているやら、、、笑

いくつか持ち込みのエフェクターで組ませて頂き、当店でご購入いただいた機材は
One controlスイッチャー"Agamidae Tail Loop"
VITAL AUDIOパワーサプライ"VA-08MkⅡ"
パッチケーブルにはFREE THE TONEのソルダーレスケーブルキット"SLK-SL-55"を使用

こだわり

配線から配置で約2時間ほどで作成させて頂きました!
ボード中央の上の部分には電源タップなどを置くスペースを確保しています
ギターからチューナーへ、そしてスイッチャーへと繋がっています。

全ての電源は右上の赤いパワーサプライから供給しているので駆動に問題はなく、
キイチ君のこだわりで真ん中の黒いエフェクター Leqtique(レクティーク)"10/10"は
通常の9Vでの供給ではなく12Vで供給しています。
ちなみにエフェクターによっては9Vで問題なく動作し、12Vで電源を取るとサウンドが変わるという物もあります!

そして写真に写っている手前の黒く長細い物体ですが、
これは"スイッチャー"と呼ばれるものです

スイッチャーとはなんぞや?

話が変わりますが、スイッチャーについて簡単に解説をさせていただきます!
キイチ君のように複数のエフェクターを使用する場合、何個かを同時に使うことがあります。

例えば、

・オーバードライブ
・ディレイ

を同時に使っていて曲中でエフェクターを切った状態の音(クリーン)を出すには二個のエフェクターを両足、
または片足で二個をいっぺんに踏むといったことをしなければなりません。
しかしそうすることで踏み間違いなどが起きる可能性が非常に高くなり、リスクを負うことになってしまいます。

スイッチャーを使う場合、本体のLOOP1~5に好きなエフェクターの組合わせを設定することができ、
例えばLOOP1を踏むと

・オーバードライブ
・リバーブ

の二つを同時に使うことが可能になり

またLOOP2を踏むことで

・オーバードライブ
・ディレイ

を同時に使うこともできます。
もちろんエフェクターをかけていない状態をLOOPチャンネルに設定することもできます!

スイッチャーを使うことで上記のようにエフェクター切り替えのリスクを払拭することができ、
さらには直列でエフェクターを繋がないことでノイズの軽減にも繋がります

いかがでしたか?

話は紆余曲折してしまいましたがエフェクターボード製作は
もちろんご自分で行うことも可能ですが
ケーブルなどの長さを間違えたり、後で配線を直すとなると
労力も時間もお金までも使ってしまいます、、、
不安な方はぜひ砂場へご相談しに来てください!!
基本的に配線代は頂いておりませんが、ケーブルやエフェクターを買って頂けると嬉しいです!
というか買ってください!笑
バンドのCDも4曲入り500円で販売しているのでそちらもぜひ・・・

最後に・・・
完成して喜んでくれているキイチ君とのツーショットです!
また来てね~~!!
f:id:shima_c_kichijoji:20171024145752j:plain

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.