島村楽器 吉祥寺パルコ店 シマブロ

島村楽器 吉祥寺パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【今、この題名が目に留まったそこのあなた。止まってください!(笑)】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.23~

先週の更新から、この1週間の間にまた随分と暖かくなりましたね~~!

ですが・・・
それと同時に、花粉が物凄いことになっておりますよ。
もうそろそろ、限界です……


しかし!

は本当にきれいで……見ていてとても、和みます。

フェルマータ


今日は、音楽用語のお話です。


さっそくですが、皆さん。
楽譜を見ていて、こんな記号が出てきたことはないですか?


f:id:shima_c_kichijoji:20180329192759j:plain


この記号は、イタリア語

フェルマータ (Fermata) 」

と読みます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*


※ちなみに、楽譜に出てくる音楽用語って、実はイタリア語なのです!

例えば…

Crescendo・・・だんだん強く
Andante・・・歩くような速さで
Dolce・・・柔らかく、愛らしく


酒井は、楽譜にドルチェが出てくると、いつもデザートが欲しくなります(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*



楽譜を選ばれているお客様や、ピアノサロンに通われている会員様とも

よく話題になることがある、この「フェルマータ」!!


まずは、下の二つの写真をご覧ください!
(撮影協力:くま)


【1枚目】
f:id:shima_c_kichijoji:20180329191831j:plain



【2枚目】
f:id:shima_c_kichijoji:20180329191837j:plain



それぞれ、フェルマータ記号は別の箇所についています。


【1枚目】休符の上。


【2枚目】音符の上。


フェルマータ、の意味。


辞書などで調べてみると、

「音を延ばす」

と出てくることも多いと思います。
実際【2枚目】のように音符の上に付いている時は、音を切らずに、鳴らしたときのまま適度に響かせます。


ですが、実際のフェルマータという単語には「延ばす」という意味はないのだそうです。


フェルマータ」には、
ある動き、時間の流れを中断する、というようなニュアンスがあるのだそう。

ちなみに、イタリアのバス停には、看板に「フェルマータ」と書かれてあるんですって。これは「停留所」の意味として使われているんですね!


そう考えると【1枚目】みたいに、休符の上に記号があったとき、どう表現すればいいのかが、分かってくるような気がします!


曲の最後の最後まで、音楽はまだ終わっていません。
たとえ音が鳴っていない時間でさえも、大切な音楽の一部なのです。

休符がきたからといって、すぐに音楽をぶちっと終わらせるのではなく・・・

「まだ音楽の中に留めたまま、余韻を残したい」


そんな気持ちが、フェルマータには込められているのではないかと思います。


是非、皆さんも自分なりの「フェルマータ」を、感じ取ってみてください♪

【箱入りすなば】~あなたのボードに入りたいvol.4~ワンランク上のボード作り!

お久しぶりです!吉祥寺店のエフェクター担当砂場です!
皆さんごきげんいかがでしょうか?
砂場は花粉のせいで何もやる気がおきません、、、
ですが!
ついに!プロ野球が開幕したので(?)、久々に更新いたしますよ~!
今シーズンはドラフトでも注目を集めた中村くんも魅力ですが、個人的には若手投手の塹江くんと高橋くんですね!
オープン戦での好投はもちろんですが、ここ数年での中継ぎ陣の疲労を考慮すると若手が出て来なければ連覇への道は険しいでしょう、、、
ポストシーズンでは鈴木誠也の離脱で完全に崩壊した打線はバティスタ、メヒアの力が不可欠ですが個人的には安部、そして堂林にも期待したいですね、、、

という事でエフェクターボードの話をしますね!!

○まず配置を決めます!

f:id:shima_c_kichijoji:20180327151345j:plain
チューナー⇒スイッチャー⇒リバーブ(左下)⇒アウト
となっています。
配置は人それぞれの要望もありますが、スイッチャーのLOOPに接続しやすい(近い)場所へ配置するのがベストですね!
☆パッチケーブル、電源ケーブルの通り道の確保!
f:id:shima_c_kichijoji:20180327204445j:plain
☆ケース開閉時のスペースをチェック!
f:id:shima_c_kichijoji:20180327204846j:plain

○配置が決まったらテープで印をつけよう!

f:id:shima_c_kichijoji:20180327205431j:plain
f:id:shima_c_kichijoji:20180327205506j:plain
痕がつかないマスキングテープなどがおすすめ!

○ボードの底を綺麗に!

今回はzippoオイルで過去のテープ痕や汚れをとります
f:id:shima_c_kichijoji:20180327210850j:plain
※揮発性が高くても火気厳禁、換気必須ですよ!
f:id:shima_c_kichijoji:20180327210913j:plain

エフェクターに合わせたカットしたマジックテープ(メス側)を貼ります

f:id:shima_c_kichijoji:20180327211507j:plain
マジックテープ(メス)を貼る際はエフェクターの裏面サイズにジャストでも問題ありませんが
「そんなにテープ持ってねえよ!」
という方はエフェクターの裏面角の4点もしくは上と下で2点留めでも問題ありません!
ただボリューム、ワウペダル、そして重量のあるエフェクターはしっかり固定しましょう!
(ボードを90度近くにしても取れないのがベストです)

エフェクターを固定します

f:id:shima_c_kichijoji:20180329151104j:plain
微妙に角度がずれて気になることがあるとは思いますが、テープの粘着力の低下を招いてしまうので、取り外すのは1、2回程度で収めましょう!

○電源を配線しましょう!

f:id:shima_c_kichijoji:20180329152846j:plain
配線のセオリーとしてはDC電源⇒パッチケーブルの順で配線します。
どちらのケーブルも余りをまとめる際は丸い輪を作らないようにすることです!
ケーブルで輪を作るとグランドループができ、エレキなどのピックアップに似た原理を作ってしまいます。
グランドループが大きいほどノイズを拾いやすくなる為ケーブルの端々を留めるようにしましょう!

またそれぞれのケーブルが伸びた状態で大きな輪を作ることも同じことなので、できるだけ電源の通り道は同じ道筋から枝分かれのように作るのが好ましいです。f:id:shima_c_kichijoji:20180329154127j:plain
f:id:shima_c_kichijoji:20180329154604j:plain

○パッチケーブルを配線して完成!

f:id:shima_c_kichijoji:20180329165049j:plain
配線の際に注意するのは「余りを少し」作る事が重要です!
丁度の長さで作ってしまうとエフェクターを踏んだ時にケーブルを引っ張る形になってしまうので断線の恐れがあります。
余り過ぎてもエフェクターを押すような形になり、位置がずれてしまいます!
なので!
"丁度いいくらい"で作りましょう(笑)
ケーブル作りの課程の写真は撮り忘れてしまったので後日解説します、、、!


ということで!

今回はエフェクターの量も多くボード自体もマジックテープを貼り付けるタイプのボードだったので、今までの記事よりは少し長く説明させて頂きました!

次回!「砂場、自分のボードを組む」
をお送りいたします!!
乞うご期待!!

管楽器お手入れくらぶレポート【フルート編】

管楽器お手入れくらぶ【フルート編】の様子

こんにちは!
吉祥寺パルコ店の神崎です♪

f:id:shima_c_kichijoji:20180326202228j:plain

本日行われた管楽器お手入れくらぶの様子をお届けします!

f:id:shima_c_kichijoji:20180326202236j:plain

なんと最近MYフルートをご購入された、生徒さんにご参加いただきました!
お手入れのキホン、フルートの面白い仕組み、分解して中を見てみたり!

お手製のプリントでご説明!

f:id:shima_c_kichijoji:20180326202232j:plainf:id:shima_c_kichijoji:20180326202224j:plain
中身は・・・ひみつ、です(*^-^*)笑
こちらは神﨑手作り資料ですが、お店に来たらもらえますよ!!!

大切な楽器と長く付き合っていくために、自分でできるメンテナンスをバッチリできるようになりましょう♪

次回の企画もお楽しみにしてください(^^)/

-END-

【音に、包まれる。】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.22~

f:id:shima_c_kichijoji:20180321184340j:plain


せっかく暖かくなってきたのに、また寒くなっちゃって!
と思っていたら、今日また暖かくなってくれて…
気温の変化がとても忙しいですね。


皆さん、体調など崩されませんようお気をつけくださいね
※気温とは関係ありませんが。私は先日、首を寝違えました。笑えないほど痛いのです(笑)けど下を向けない分、逆に姿勢とか良くなりそう…


そんな今日は、酒井のブレイクトークです。

どうぞごゆるりと、ご覧ください♪

小学生時代のさかい。


(一旦、回想タイム)

小学生の時、友達と遊んで家に帰るとすぐ、防音室にこもってピアノの練習をしていました。

温かみのある夕焼けを静かに感じながら、ひたすら弾き続けるハノン


指がお腹いっぱいになったところで…いよいよ曲の練習!
気付けば電気も点けず弾きっぱなしで、部屋は楽譜も見えない程の薄暗さ。


そんな薄暗い中で弾き続けるのが、案外楽しく癖になり…(笑)


暗い部屋だと、より音に集中して弾けるかも…!と感じ、その特別な時間を味わうようになりました。

この感覚を、今でもふと思い出します。

耳に、全神経を集中させられる。


ピアノの練習に限らず、今では好きな音楽を聴く時も然り。
たまに照明を落として、音楽を楽しんじゃったりします。


やることを全部終わらせて、寝る前に実行するのが特に最高なのです。


天井をぼーっと見つめながら、あるいは目を閉じて、「音」「言葉」そのものを全身で受ける…みたいな。


初めて気付く音・言葉の意味や、楽器の繊細なニュアンスなど、折り重なる音を丁寧に一つ一つ耳に残していく。


そんな音楽の新しい刺激・魅力が、心の奥深くに時間をかけて浸透していく感じが、とても心地よいのです。


皆さんも、ぜひ。

一日の疲れを「音」に預けて、灯りを落とした空間で、ゆっくりと音楽を堪能してみてください!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.